So-net無料ブログ作成

米国のAD 2 [国際法・国際関係]

昨日の新聞からこんなニュースを。


「「「日本が逆転勝訴、WTO上級委「米の反ダンピング関税不当」
 【ジュネーブ=市村孝二巳】世界貿易機関(WTO)の上級委員会(裁判の上級審に相当)は9日、米国の反ダンピング(不当廉売)関税制度を不当とする日本の提訴について、日本の主張をほぼ全面的に認める決定をした。同日報告を発表した。昨年9月、大筋で米国の主張を認めた紛争処理小委員会(パネル、下級審に相当)の報告を覆す内容で日本の逆転勝訴となる。WTOが反ダンピング関税の制度の根幹を違反と認定したことで、米政府は制度の大幅な見直しを迫られる。

 日本が上級委に訴えていたのは、米国がダンピングの値幅を決める「ゼロイング」という計算ルール。上級委は、日本の主張を受け入れてゼロイングの制度自体が協定違反であると認定した。 (02:13) 」」」


「「「経産相らWTO上級委の決定を歓迎
 甘利明経済産業相はWTO上級委員会の報告書公表を受けて「米国が勧告を早期に履行し、ゼロイングを廃止することを強く期待する」と歓迎する談話を発表した。政府はゼロイング廃止に向けた協議を米国と始め、年内の撤廃実現を求める方針だ。

 麻生太郎外相は「ルールに基づく多角的自由貿易の維持、発展に資するものとして高く評価する」との談話を発表した。。」」」


WTOにおいても中々画期的な判断です。これまで事実が無いとかで、判断を避けてきた感があったのですが、ついに米国のAD制度そのものを違反とする判断が下されました。日本も良くがんばった。

あとは米国がこの判断に従った行動するかどうか。議会は民主党なのでちょっともめそうな気がしないでもない。

日経新聞では国際面でちゃんと乗ってましたが、朝日とかには載ってなかったらしい。へんな主張ばかりしてないで、こういう中身のあることを載せてほしい。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

国家責任における私人行為の帰属|- ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます