So-net無料ブログ作成

「論座」12月号を読んで [財政再建]

 

先日初めて「論座」を買いました。今までは「文藝春秋」とか「諸君!」とかをたまに買う程度だったので新鮮な気持ちで読めました。

結構面白い雑誌だな、と思いました。中身はいろいろな評価があるのでしょうが、その構成には関心です。特集で楽天の三木谷さんのインタビューをしていたにもかかわらず、楽天に同調的ではないような論説を載せたり、民主党の前原さんのインタビューを乗せながら、後ろの小沢さんのインタビューでは前原さんに批判的な主張がなされていたり、こういうことする雑誌はなかなか無いと思います(といってもどちらも民主党なのが所謂「朝日らしさ」なのかもしれませんが)。

内容は保守系雑誌によく見られるような精神論的な主張というより実際的なものが多く、大学生、大学院生が呼んでも勉強になるようなものが多いように思います。今まで朝日は積極的に読みたいと思いませんでしたが、ちょっと考えが変わったような気がします。

その中で面白かったのは巻頭特集の「人口減少」です。その中でも井堀先生が執筆していた「財政再建の道筋と社会保障改革」に触れてみたいと思います。

小泉政権は郵政改革とかには熱心であっても、重大な問題である財政赤字・公債残高の抑制には十分に取り組んでいない。

財政赤字の重要な問題は将来世代への負担の転嫁である。現代世代の支出を公債発行でまかなうと、将来世代が負担することになり、世代間の不公平感の大きくする。社会保障において現代世代の短期的な利益を優先すると将来世代に大きくデメリットとなる。

少子高齢化により人口構成は大きく変化している。少子高齢化では財政再建化も難しくなる。現代は「賦課方式」による給付を行っているため、高齢者が増えるほど負担が増加する。04年の改革は抜本改革には程遠い。

公的給付は最低限度の基礎年金と報酬比例制度にその上の部分を積立方式を採用するべきである。そうすることで払った部分を自分で受け取ることができ、安心の年金が得られる。しかしその場合、以降時点の勤労世代はすでに現在の老年世代のために負担を行っており、自分の分の積立とで「2重の負担」を強いられる。

社会保険だけでなく医療保険を問題である。少子高齢化とともに医療費は格段に跳ね上がり、財政はますます困難になる。ここでも積立方式への移項が必要である。とはいえ現時的に実現されないなら、伸び率管理(総額にキャップをせっていすること)

個人勘定賦課方式も選択肢の一つである。報酬比例部分を親世代一般ではなく自分の親への給付に限定する。親がいなくなれば子供は保険料を免除される。この方式は比較的容易に行えるはずである。

公的な社会保障をスリム化することは、財政赤字の過度の累増を回避して、財政再建に道筋をつけるためにも有益である。

現代日本の最大の問題である社会保障と財政赤字について論じています。井堀先生授業では先生の考えを言ってくれないのでちょっとすっきりしました。

選挙でも自民党は民主党の年金改革を非現実的であり、われわれの案は現実的であると主張していたのを覚えています。しかし、社会保障・年金改革は待ったなしの状態です。「現実的」というのは聞こえはいいですが、私には彼らが本当に深刻な問題として受け止めていたようには思えません。だからこそ財政赤字もここまで放置しているのであり、年金の積立も団塊の世代が本格的に年金を需給する直前の今現在、既に足りないであろうことが確実な情勢です。

自民党も折角生まれ変わったというんだから、変わったといえるための新しいいい政策をしてほしいものです。100年安心とか、世迷言みたいなお題目を唱える前にやるべきことをやるべきです。

この論考でも述べられてましたが社会保障改革はいろんな人が利益を有しており困難なものです。僕はどちらかというと小泉政権に肯定的ではありませんが、改革を行うための潜在能力は戦後有数のものであると思いますし、その意味では期待もしています。未曾有の財政赤字状況に道筋をつける、道路特定財源も大事ですが、いつまでも外堀で戦ってないで本当の「本丸」に切り込むことが求められていると思います。

 

「論座」にはもうひとつ「戦う野党」の特集が行われていました、そのうちこれについてもなんか考えてみたいです。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 1

医療保険・がん保険

医療保険・がん保険の詳しい資料のご請求は「ほけんの窓口」で。
FPによる無料電話相談を実施しています!ぜひご利用ください。
ご来訪お待ちしております。
by 医療保険・がん保険 (2007-10-31 11:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

ネットゲーム和泉元彌逮捕 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます